News

2014.06.10
サイバーエージェント・ベンチャーズ、デジタルものづくりの支援プラットフォームを提供するカブクへ出資

株式会社サイバーエージェント(本社: 東京都渋谷区、代表取締役社長: 藤田 晋、東証マザーズ上場: 証券コード4751)の連結子会社で、投資育成事業・ベンチャーキャピタル事業を展開する株式会社サイバーエージェント・ベンチャーズ(本社: 東京都新宿区、代表取締役社長: 田島 聡一)は、株式会社カブク(以下カブク、本社: 東京都渋谷区、代表取締役 兼 CEO  稲田 雅彦)に出資をいたしました。

 

カブクは個人向け3Dプリントマーケットプレイス「rinkak(リンカク)」の運営および企業向けデジタル製造ソリューションを提供しております。すでにスマートフォン向けアプリケーションの世界では、開発者であれば誰でもAppStoreやGooglePlayなどにアプリケーションをアップロードするだけで販売することが可能になっておりますが、ものづくりにおいても同様に、誰もがカブクのプラットフォームに3Dデータをアップロードするだけで、簡単にプロダクトを製造・販売できる世界、「ものづくりの民主化」を実現してまいります。

 

今回の資金調達で、さらなる経営基盤の強化を図ると共に、人材の拡充、サービス機能の増強やグローバル版サービスのリリースを予定しています。サイバーエージェント・ベンチャーズはカブクへの資金提供のみならず、人材採用支援、事業開発支援などを通してサービス価値の向上を支援してまいります。

本投資は2011年7月1日に設立したスタートアップベンチャー企業への投資に特化したファンド「CA Startups Internet Fund 1号投資事業有限責任組合」からの投資となります。

 

■マーケットプレイス「rinkak」について
名称  : rinkak(リンカク)
URL : https://www.rinkak.com

特徴  :

「rinkak(リンカク)」は、3Dプリンターなどのデジタル製造技術を用いた新しいものづくりマーケットプレイスです。ユーザーはrinkakに3Dデータをアップロードするだけで高性能な製造設備でプロダクトを製造・販売できます。プロダクトは発注ごとにオンデマンドで製造するため、クリエイターは在庫を持つことなく1つからプロダクトの販売ができます。また素材に関しても一般的なプラスチックだけでなく、陶器や金属、ラバーまで多様な素材で作品を製造することが可能です。rinkakは多種多様な分野のクリエイターとユーザーによる創発性の高いコラボレーションが行われ、消費者が求める斬新で独自性の高いプロダクトが世の中に生まれる受け皿となることを目的としています。

 

■法人向けデジタル製造ソリューションについて

カブクは企業向けにも3Dプリンターなどの製造設備をネットワーク化して提供し、短納期・中小ロットでの製造や試作に対応しています。現時点では主にキャンペーンやイベントにおけるノベルティ・グッズの製造、スマホアクセサリーの製造、ゲームなどのキャラクターコンテンツのフィギュア化、建築・医療・歯科技工などの分野での試作・製造の引き合いがあります。

 

■出資先 会社概要
社名       :  株式会社カブク
URL        :  http://www.kabuku.co.jp
所在地   :  〒150-0042 東京都渋谷区宇田川町42-6 co-lab Shibuya #102
設立      : 2013年1月23日
代表者     :  代表取締役 兼 CEO 稲田 雅彦

■弊社について
社名       : 株式会社サイバーエージェント・ベンチャーズ
URL        : http://www.cyberagentventures.com/
所在地     : 東京都新宿区西新宿2丁目6番1号
設立       : 2006年4月3日
資本金     : 3億6,000万円
代表者     : 代表取締役社長  田島 聡一
事業内容   : 投資育成事業・ベンチャーキャピタル事業

■本リリースに関するお問い合わせ先
株式会社サイバーエージェント・ベンチャーズ  ヴァイス・プレジデント 竹川 祐也
(E-mail) cav_public@ext.cyberagent.co.jp
(TEL) 03-5909-5536

pagetop