News

2015.06.04
サイバーエージェント・ベンチャーズ、シード投資枠Seed Generator Fundより個人旅行者に「現地のヒト&体験」を提供する「Travee」を開発・運営する株式会社Traveeへ出資

株式会社サイバーエージェント(本社: 東京都渋谷区、代表取締役社長: 藤田晋、東証一部上場: 証券コード4751)の連結子会社で、投資育成事業・ベンチャーキャピタル事業を展開する株式会社サイバーエージェント・ベンチャーズ(本社: 東京都新宿区、代表取締役社長: 田島聡一)は、株式会社Travee(以下Travee、本社: 神奈川県川崎市、代表取締役社長: 池田賢一)に出資をいたしました。

 

株式会社Traveeは「旅で世界に友達を」をビジョンとして掲げ、2015年4月21日(世にいい日)に設立されました。本サービスは2015年6月中旬に旅行者向けにオープンする予定となっております。

 

「Travee」は東南アジアへの個人旅行者を対象に、現地ホストが自ら作るプランでローカル体験を提供するためのマーケットプレイスです。「現地人との交流 / 現地ならではの体験」を求める旅行者と「国際交流で語学アウトプット / 副収入」を求める現地人のマッチングを行います。

東南アジアの心臓バンコクでさえ、政府が決めたアルバイト最低賃金は1US$未満となっており、一方でそのバンコク1都市に世界から1,600万人もの旅行者が訪れています。ホストが設定するプランの価格は 平均30US$程度のため、ホストからすれば十分な金額、先進国からの旅行者からすれば安い金額という点がマッチングの1つのポイントとなっております。
 

世界の海外旅行者数は増え続け2013年には10億人を突破しました。
東南アジアへの旅行者は世界の中でも毎年伸び率が最も高く1億人を超えてきております。
Traveeは東南アジアで確固たるブランドを築きあげた後、東アジアや欧米へも進出していき、全個人旅行者にとって「現地の人と現地ならではの体験」が当たり前になるような時代を5年以内に実現します。

 

サイバーエージェント・ベンチャーズは、Traveeへの資金提供のみならず、アジア展開のサポートなどを通じてサービス価値向上を積極的に支援してまいります。

サイバーエージェント・ベンチャーズは、日本国内の投資活動において、スタートアップベンチャー企業への投資活動を最重要方針として取り組んでおり、本投資は2014年12月に開始したシード期のスタートアップベンチャー企業への投資に特化した投資枠「Seed Generator Fund(シード・ジェネレーター・ファンド)」からの9件目の投資となります。

 

■Traveeについて
名称  : Travee(トラビー)
URL : http://travee.co/

特徴  :

 Traveeは、世界中の個人旅行者が旅先で現地人と安心して簡単に交流することを実現するサービス「Travee」を開発・運営しております。展開地域としては当初タイから開始、インドネシア、ベトナム、フィリピン、カンボジア等へ拡充予定。

 

■出資先 会社概要
社名       :  株式会社Travee
URL        :  http://travee.co/
所在地   :  神奈川県川崎市幸区
設立      : 2015年4月21日
代表者     :  代表取締役社長 池田 賢一

■弊社について
社名       : 株式会社サイバーエージェント・ベンチャーズ
URL        : http://www.cyberagentventures.com/
所在地     : 東京都新宿区西新宿2丁目6番1号
設立       : 2006年4月3日
資本金     : 1億円
代表者     : 代表取締役社長 田島 聡一
事業内容   : 投資育成事業・ベンチャーキャピタル事業

■本リリースに関するお問い合わせ先
株式会社サイバーエージェント・ベンチャーズ  ヴァイス・プレジデント 竹川 祐也
(E-mail) cav_public@ext.cyberagent.co.jp
(TEL) 03-5909-5536

pagetop