スティーブン ヴァナダ ヴァイス・プレジデント

プロフィール

インターネットビジネスの魅力は、IT技術を活用することで色々な産業にある大きな課題を解決する事が出来る事です。
特にインドネシアでは、新興国における様々な”負”が数多く存在するためインターネットビジネスが解決しうるアップサイドのポテンシャルが大きいと考えています。
私の投資戦略は、既存産業に存在する大きな非効率をインターネットで解決出来るビジネスに大きな可能性を感じています。
これまでEコマース領域、マーケットプレイス、決済、教育分野への投資が多かったですが、現在はフィンテック、ヘルスケア等の分野を特に注目しています。
成長している市場に長期的な視点で挑戦する起業家と共に汗を流したいと思っています。

経歴

大学卒業後、米国のヘッジ・ファンドにてストックブローカーのインターン、ECナビ(現Voyage Group)のソーシャルプラットフォーム企業開発室チーム インターンを経た後、サイバーエージェント・ベンチャーズに入社。2011年10月より、インドネシアにてベンチャー企業への投資活動及び経営支援業務に従事。ワシントン大学 経営学部卒。

担当会社

一覧に戻る

pagetop